日本で買える海外用SIMカード ニューヨーク編


2018年末ごろニューヨークのマンハッタンへ旅行に行った。
現地で利用するために事前にAmazonで海外利用できるSIMカードを購入。

T-Mobile版とAT&T版があったが、AT&T版はテザリングが出来ないようだったので、T-Mobile 5日間 高速データ無制限使い放題を購入。
T-Mobile版の方が若干安価で購入時の価格は2,790円。
利用する端末はiPhone XS(日本版SIMロックフリー MTE12J/A)

全同封物


事前準備

旅行1週間程前に説明書にそってMOST SIMのサイトからアクティベーション登録をした。
使用開始日を指定すると、その日から利用可能になるようだったので、日本を出国する日を指定。
前日を指定しておいた方が確実のようだったが、当日指定でも現地ですぐ通信可能だったので特に問題はなかった。
ただし、現地着後にメールで電話番号が送られてきたので、事前に電話番号を知りたい場合は利用開始日を早くした方がいいのかもしれない。
また、このアクティベーション時に利用する端末のIMEI番号を入力する必要があり、入力したIMEIの端末以外は利用できないようだった。当然といえば当然か。
そのため現地で端末を購入して利用などは出来ない気がする。

現地到着後

飛行機内でSIMカードを入れ替え、到着後に機内モードを解除したところ、設定などしなくてもすぐ通信可能になった。超簡単。

使用感

主な利用はGoogleマップや現地の観光情報を調べる程度でヘビーな使用はしていないが、速度はダウンロード163Mbps アップロード44Mbpsと日本より高速で体感速度も速く快適。
ただし、テザリング側は速度が落とされるようで、比べると遅さは感じるが通常使用は可能な感じ。
建物内では電波が弱くなったり通信できないときもあったが一般人の旅行で都市部利用であれば問題なさそう。

SPEED TEST

番号が使い回されているため、現地で変な電話やSMSがくるような事がAmzonレビューに書かれていたが、旅行中に2回SALE 50% OFFのようなSMSが来ただけで着信はなかった。

現地の国内通話が無制限とのことだったが通話はしていないので使用感は不明、旅行中に日本へ電話をかける用事があったため、事前にLINEやSkypeから電話を発信できるように準備しておいた方がよかった。

値段も安いし手軽でよかった。



関連記事